11月のさくらんぼ学園

秋が駆け抜けていきます。

10月は鼻笛教室・竹細工作り

ハロウィンなど

イベントがたくさんありました。

IMG_4018

11月のさくらんぼ学園の予定です。

1日(水)

3日(金)文化の日(お休み)

6日(月)

8日(水)

10日(金)

13日(月)〜16日(木)宿泊体験 岩手県八幡平

20日(月)

22日(水)

24日(金)

27日(月)

29日(水)

 

11月は、なんと岩手まで長距離ドライブ。

超楽しみです!!!
見学、体験入学を随時募集しています。

気軽に声をかけてくださいね。

ユニークなお客さんが 遊びに来ました!!

鼻笛って 知っていますか?

 

日本ではまだ珍しいけれど、

鼻からの息で

音を鳴らす不思議な楽器です。

 

埼玉県から、鼻笛演奏家のモスリンさんを講師に招きました。

モスリンさんは、もともと大手電機メーカーでシステム開発をしていましたが、

10年前に、鼻笛と出会い、

すっかりこの楽器に魅了されて今では

全国を演奏や普及活動で飛び回っています。

 

モスリンさんのHPはこちらより

 

さくらんぼ学園のFBページに「いいね」をいただいたご縁で

鼻笛の魅力を伝えに来てくれました。

 

授業のような形ではなく

遊びの延長で鳴らしていると

だんだんと音を鳴らせるようになって来ました。

22730084_896966237121595_6421105297741750399_n

この楽器の良さは

リコーダーのように指遣いが

入らないので初心者でも簡単に音を鳴らせるようになります。

 

さくらんぼ学園のメンバーたちも

遊んでいるうちに音を鳴らせるようになりました。

 

世界には色々な楽器がありますね。

多様な楽器に触れることも

世の中の見方が広がるように感じました。

新しい人との出会い

新しい体験との出会い

文化との出会い。

 

素敵な時間をありがとうございました。

*******

さくらんぼ学園に

皆さんも遊びに来ませんか??

 

見学の申し込みは

こちらからどうぞ!!

 

 

 

さくらんぼ学園 10月のオープンDAYのお知らせ

【さくらんぼ オープンDAYのお知らせ】

先週はなんと北海道から

中学生が見学に来てくれましたー!!

IMG_3937

僕たちの活動が、

日本中の子どもたちに

届き始めていることに喜びを感じています。

さて、10月もさくらんぼ学園では

オープンデーの

イベントを行いますー!!

~その1

誰でも簡単 鼻笛を体験しよう!!

鼻笛って聞いたことありますか??

ハミングを楽しむように

誰でも簡単に音楽を楽しむことができます。

鼻笛はカナダや、アマゾンで

昔から奏でられてきたそうです。

鼻は嘘をつきません。

鼻は悪口を言いません。

だから、鼻から出る音は、

美しいのだという

先住民の言い伝えがあるそうです。

そんな鼻笛の魅力を教えてくれるのは

芸術家のモスリンさん。

合唱の指揮者として活躍しつつ

鼻笛の普及のために、日本各地を

飛び回っています。

浜離宮のコンサートに招かれたり

NHKの番組でも取り上げられたことがあるそうです。

音楽は「音」を楽しむと書きます。

音を楽しむ体験を

子ども時代にたくさんできたら

何が育つのでしょうか?

よかったら、一緒に体験して見ませんか?

※さくらんぼ学園を応援する気持ちのある方でしたら

子どもから大人まで、

年齢に関係なく、どなたでも参加できます。

*********

日時

10月25日(水)11時~13時30

(途中、昼食休憩を挟みます)

参加費

さくらんぼ学園への応援として

一口千円を寄付していただけると嬉しいです。

参加を希望される方は

コメント、メッセージをお気軽にどうぞ!

必要な人に届くように

シェアしてくれたら嬉しいです。

いつもありがとうございますー!

 

 

八王子・南大沢 

多摩ニュータウンにサドベリースクールが

誕生して3年。

トットちゃんのトモエ学園のような

子どもたちがのびのびと育つ

そんな学びを日本中に広めていきます。

9月のオープンスクール

オープンさくらんぼ DAY

クッキー作り&ぶどう茶の会

 

先日、鎌倉に遠足行きました。

そこでお土産に買った鳩サブレー。

 

あれを自分たちでも作ろうと

クッキッングお茶会を企画しました。

 

こんな人にオススメです。

○ お菓子作りがしたい。

○ おしゃべりがしたい。

 

○ さくらんぼ学園に行ってみたい。

○ これからの教育について語りたい。

 

日時 9月29日(金)11時~13時過ぎ

 

場所 さくらんぼ学園 調理室

 

さくらんぼ学園への協力金として

一口1000円を

1口以上、寄付していただけると嬉しいです。 

申し込みはこちらより

 

怖い話 楽しい

怖い話 楽しいーー

 

怖い話って

好きですか?

 

小心者の僕は

あまり好きではないけれど

それでも聴きたくなるのが

怖い話。

  21751828_879256125559273_6669727467853603735_n

さくらんぼ学園で

今、密かに流行っているのが

怖い話。

 

ネットで怖いはなしを見つけて

それをみんなで読んだり

 

ユーチューブで

学校の階段を見たり

稲川さんのお話を聞いたり。。。。

 

真っ暗な部屋の中で、

肩を寄せ合って聞く怖い話。

 

夏は終わったけれど

秋の日の怪談も

オツなものです。

 

*********

さくらんぼ学園は

見学や、体験入学を受けつけています。

 

八王子の多摩ニュータウン。

京王線「京王堀之内」から徒歩15分

小田急線「唐木田駅」から徒歩15分

 

一軒家を借りてオープンしています。

 

見学を希望の方はこちらをからどうぞ

不登校で悩んでいる方は、こちらをどうぞ

成長のドラマ 

子ども達一人ひとりには

成長のドラマがあります。

  

21462343_873582682793284_8859539559026124846_n

 

 

ゲラゲラ笑ったり、

熱中できることを見つけたり

仲間と心が通ったり。

21317892_873582696126616_4868134506091085854_n 

 

そんな時間を過ごせるのが

本当は一番幸せなことだと思います。

  

こんな瞬間はどうやったら生まれるのだろう。

  

それは僕たちスタッフが起こそうと思っても

起こすことはできません。

 

ただその瞬間に

そっと感謝して

「ありがとう」と

何者かに伝えたくなります。

21371068_873582686126617_3576641104709326586_n

和やかな気持ちの中で

育つもの。

大切にしていきたいです。

我慢と辛抱の違い

さくらんぼ学園には

授業も時間割もありません

 

子どもたちが、

自由に自分たちの時間を過ごしています。

  

えー、授業がないと

子どもたちの力が

つかないのでは??と

心配される方もいますよね。

   

私たちが大切にしているのは

子どもたちの好奇心です。

  

本当にやりたいと思った時に

子どもたちは

一番力を発揮します。 

  

だから、本当にやりたいと思う気持ちを

一番に大切にしています。

 

********  

今日は、車に乗って

初めての公園にやってきました。

21192510_870159039802315_107980091302258507_n 

多摩ニュータウンに広がる里山。

平成狸合戦の世界が、今も残っています。

    

 21192453_870159093135643_5952255660264790509_n

公園には、自然がたくさん残っています。

 

釣り橋を渡ったり、階段をかけあがったり

子どもたちは、走って飛び込んでいきました。

21150235_870159029802316_4378234166135683349_n 

ところが蚊がブンブン飛んでいて

遊んでいるうちに

あっという間に

いくつも血を吸われてしまいました。

   

  

「もう帰る。」

せっかくやってきたのに

なんと素早い判断でしょう。

 

嫌なことは無理しない。

せっかくきたのに、、、とかは

関係はありません。

 

この判断が、気持ちいいですね。

 

楽しいことをやる。

楽しくなかったらやらない。

 

自分の気持ちを一番に伝える。 

その上でみんなの意見と合わせていく。

  

このシンプルな選択を

いつも自由にできるのは

すごいことです。

 

我慢をして

誰かに合わせていくのではない。

 

ところで 

我慢と辛抱の違い

わかりますか?

  

我慢は、やりたくないことを

気持ちを抑えて取り組むこと。

  

辛抱はやりたいことから

生まれてくる辛いことを

こらえて乗り越えていくこと。

  

******

 

逆に好きなことだと

時間を忘れて1時間でも2時間でも

熱中して取り組んでいます。

   

チャイムにも誰にも邪魔されないで

自分たちで決める。

 

「やりたいことが

よくわからない。」

 

私も含めて現代人の多くが

抱える悩みですが、

さくらんぼ学園のメンバーを見ていると

  

毎日楽しみを

自分たちで見つけていて

こんな風に子ども時代を送っている

彼らが眩しく見えます。

 

よかったら、

この空気を体験して見ませんか??

    

 

さくらんぼ学園は

見学や、体験入学を受けつけています。

 

八王子の多摩ニュータウン。

京王線「京王堀之内」から徒歩15分

小田急線「唐木田駅」から徒歩15分

 

一軒家を借りてオープンしています。

 

見学を希望の方はこちらをからどうぞ

不登校で悩んでいる方は、こちらをどうぞ

 

 

フリースクールは

みんなの希望。

多様な学びを実現する子どもたちの

学び場・居場所です。

 

光を届ける存在として

さくらんぼ学園には

現在、3人の子どもたちが在籍しています。

 

3人しかいないと思うか

3人も来てくれて「ありがとう」と思うか

どちらの意識を持つかで

作り出せる未来は全然変わっていきます。

 

今日の命をこの場所を

選んで来てくれることに

感謝をして。

 

家族の人が

子どもを送り出してくれることに

感謝をして

 

子どもたちとその家族が

最高の時間を過ごせるように

今日の一日

私にできることは何か?

 

  

それを常に意識して

最高の時間を作り出していきます。

  

 

おもてなしとは

表面だけではなく、

内面から相手の幸せを祈るから

伝わるものがあります。

 

 

教師は教室の演出家と言われています。

 

演出家が歩みを止めては

これ以上の作品は生まれません。

 

だから私たちは今日の一歩を

踏み出します。

 

さくらんぼ学園は

奇跡が誕生する場所です。

 

その場のスタッフでいることに

誇りを持って今日の1日を

光を放ち生きていきます。

 

みなさんの一日にも

一緒に奇跡を起こしましょう!

  

私たちは、1つにつながっているのだから。

We are  One

 

さくらんぼ学園

下村健士

21151404_870017999816419_6357203387238440106_n

9月のさくらんぼ学園の予定

さあ、いよいよ2学期がスタートします。

 

自分の好きなことだけに没頭したい!

そんな学びに憧れる子どもたちが

私たちの学びと出会い

 

人生が楽しくなれば嬉しいです。

 

9月の予定

4日(月)6日(水)8日(金)

11日(月)13日(水)15日(金)

20日(水)22日(金)

25日(月)27日(水)29日(金)

 

見学、体験入学募集中です

詳しくはこちらより

 

 

【学校に行きたくない気持ち】

高校2年生の頃

8月の終わりは

ものすごく息苦しかった。

 

学校を考えると

すごく憂鬱。

  

クラスの誰が嫌だと

いうわけではないのに

あの教室での

毎日が始まると思うと

わけもなく憂鬱だった。

 

日照時間が短くなっていく

8月下旬になると

不思議とあの頃のことを

思い出す。

  

******

  

教師時代もやはり

2学期のスタートを控えたこの時期は

ものすごく憂鬱だった。

  

子どもの命を預かる責任感。

授業を日々5~6時間

作りあげるめまぐるしさ。

  

テストの丸つけや書類の山の徒労感。

打ち合わせと諸々の連絡の慌ただしさ。

  

あの忙しい日々がまた時期が始まるのか。

 

そう思うと

子どもたちには何の罪もないのに

8月の終わりは

本当に憂鬱だった。

 

(教師の名誉のために付け加えると

子どもたちが通ってくると

子どもたちのためには頑張れるのが

私たち教師です。

仕事のマジックですね。)

 

******

 

もうすぐ2学期。

 

「学校に行くのが辛い」

そう感じている子どもたちが

日本全国に何十万人もいます。

  

そもそも学校はなんのために

行くのでしょう。

  

学校はスピードを求められ

上位を求められ

良い子を求められる

競争の場の側面がものすごくあります。

   

勉強のできない子ども

体力の劣る子どもは

社会で役に立たないのか??

 

全然そんなことはないのに

成績という物差しで

いい子という物差しで

子どもたちに上下を作っていないだろうか??

   

それが親の家庭での子育ての考え方にも

深く根を下ろしてしまいます

  

学校は、できすぎる子どもにとっても

遅れてしまう子どもにとっても

居心地のいいところではありません。

 

個性は本当は自信ととともに

育てられたらいいのに

学校では、それを平らにならして

標準化してしまいます。

  

その中で、処世術は身につけても

生きる楽しさや

自分の個性を育てて行くことは

なかなかできることではありません。

   

人間には生きたいように生きて行く

そんな権利があるのです。

(もちろん、人の人権を守っての上です)

   

学校は辛い思いをしながら

歯を食いしばって

通う場所ではありません。 

  

僕は不登校を始める子どもたちの勇気を

素晴らしいと思います。 

    

不登校の子どもたちが

私たちに突きつけているのは、

  

今の学校が子ども達の本気に

どれだけ応えられているのかという

私たち大人の問題でもあるのです。

 

 

子どもが不登校になると

親(特に母親)は

「自分たちの子育てが

間違っていたのではないか?」と

自信を失ってしまうかもしれませんが

  

よりよく生きる選択をした子どもを

育てられたことに

どうぞ胸を張ってください。

   

多くの親御さんが

子どもの不登校に悩みますが、

  

多くの両親が

そこから本当の生き方や学び方に

目覚めて行くのも事実です。

  

とはいえ、辛い時には

どうぞ私たちと繋がってくださいね。

  

****** 

 

さくらんぼ学園の2学期も

まもなくスタートします。

 

今小学校4年から中学1年まで

3人の子供がここで

学んでいます。 

 

 

私たちが大切にしていることは

子どもには

自分を育てる力があるということです。

 

ここでは子どもが自分で選んで

自分の時間を自由に使っています。

 

  

自分が本当に好きなことに

好きなだけ没頭しながら、

自分自身を味わい、楽しんでいます。

  

  

そしてもう1つ

 

お互いが心地よく

より楽しく過ごせるための場を

子どもが自分たちで作っています。

 

コミュニテイーの中で

人と繋がり、1つ1つ実現して行く喜び。

 

   

子どもたちも、僕たちスタッフも

今の瞬間を共に楽しんでいます。

 

 

私たちは未来のために

生きているのではありません。

 

今日の日をうんと楽しく生きて

明日は明日をうんと楽しく生きて

  

そんな連続が人生では

ないでしょうか?

 

 

今目の前で没頭していることから

たくさんのことを学び

魂を喜ばせていく。

 

そんな時間を

子どもたちが自分で選択して選べることが

大切だと感じています。

 

学びは学校の中に

あるのではありません。

  

学びは子どもたちの心の中で

日々誕生するのです。

   

それを信じられれば、

学校に通う、通わないは

大きな問題ではありません。

  

もしよかったら

さくらんぼ学園に一度

見学に来ませんか??

  

手作りの小さな学校だからこその

魅力が詰まっていますよ。

  

必要とする人に届くように

シェアしてくれたら嬉しいです。

  

いつもありがとうございます。