sakura のすべての投稿

「今を生きる」という生き方

今日12月7日は
大乱闘スマッシュブラザースの発売日。
 
子どもたちと
早速、近くのお店に買いに行きました。

新商品ってワクワクしますね!
 

よく考えてみると
発売日に欲しいものを買うっていう経験は
生まれてから一度もなかったことを
スタッフのしーもんは思い出しました。
 
今は物にあふれた時代だから
こんな風にすぐに飛びついても
すぐに飽きるでしょー

もっとよく考えてから
買ったらどうなの!?
 
そういう考え方も
確かにありますね。
 

でも旬を味わうというのは
ゲームに限らずに
食べ物などでは
季節を先取りすることでもあり、
 
一足早く季節を敏感にキャッチする
日本人にとって
とても大切にしてきた価値観かもしれません。
 
 
******
 
子どもが何かをやりたくなるのは
「今」です。
 
今、遊びたい。
今、喋りたい
 
今、本を読みたい
今、出かけたい。
 

でも、大人は「後で」と
後回しを進めます。
 
中学になってから・・
高校になってから・・
大学になってから・・

働き始めてから・・・
結婚してから・・
 
子どもが大きくなってから・・
仕事を辞めてから・・・
 
そんなことを言っているうちに
やりたい気持ちがなくなってしまったり
 
もうできない体になっていたり・・
 

本当は、子どもたちの
「今」という時間に対しての
あり方こそが
 
人生の不可能を可能にして行く
真の姿かもしれません。
 
****
さくらんぼ学園には
時間割はありません。
 
子どもたちが「その時にやりたいこと」を
その瞬間にやることができます。
 
子どもたちは「今」を生きています。
 
「今」を生きるのをやめた時に
人生は輝きを失って
つまらなくなるのかもしれません。
 
もちろん、未来のために
今やりたいことを抑えることも大切ですが、
それを選択するのは
親や先生の役割ではなく
 
選ぶのは子ども自身。

「今」を全力で生きると
元気が湧いてきますよ。

 

京王線の「京王堀之内」
小田急線の「唐木田」
から徒歩15分です。

八王子・多摩ニュータウンのフリースクール。

(多摩モノレールの「多摩センター」や
「南大沢」からも徒歩30分です。)

神奈川県・相模原市

日野市、町田市など

広い範囲から子どもたちが通っています。

この学校の特徴は、
子ども達が自分たちで
学校を運営する
「デモクラティクスクール」。

アメリカのサドベリースクールをモデルに
2014年に誕生した
学校です。

入学は4歳から19歳まで。
子どもにあった学校を見つけたい

こんな学校だったら

通ってみたい!

 

そんな皆さん

気軽にお問い合わせくださいね

 

人に対しての責任よりも・・・

責任を持つことが
大事だとよく言われます。

その責任は、
人に対して
社会に対して
責任を持て!
という意味でよく言われていますが

もっと大事な責任があります。

それは自分に対して責任を持つこと。

本当は嫌なのに、
我慢して行動する。

本当はしたいことがあるのに
諦めて、自分に嘘をついて生きていく。

自分に対して責任を持つとは
自分の心に嘘をつかないこと。

自分の心に正直に
そして、同時に人に対しても
正直に。

この二つが
合わさった時に
生まれる責任。

私たちが
大切にしたいのは
そんな責任です。

(今日の質問)

Q  自分に正直に生きるために
大切なことはなんだろう?

京王線の「京王堀之内」
小田急線の「唐木田」
から徒歩15分です。

八王子・多摩ニュータウンのフリースクール。

(多摩モノレールの「多摩センター」や
「南大沢」からも徒歩30分です。)

神奈川県・相模原市

日野市、町田市など

広い範囲から子どもたちが通っています。

この学校の特徴は、
子ども達が自分たちで
学校を運営する
「デモクラティクスクール」。

アメリカのサドベリースクールをモデルに
2014年に誕生した
学校です。

入学は4歳から19歳まで。
子どもにあった学校を見つけたい

こんな学校だったら

通ってみたい!

 

そんな皆さん

気軽にお問い合わせくださいね。

本気で遊ぶ

子どもたちは
ゲームが大好きです。

皆さんは、ゲームをやりますか?

私は、最近任天堂Switchを買いました。

そして子どもたちに人気の
スプラトゥーン や
カービィを
やり始めました。

自分でも実際に買って見て
やってみると
ただ見ていた時や

ちょっと借りて体験した時には
味わえなかった気持ちになります。

もっと上手くなりたいー!
あの操作はどうするんだろう?
何だか、遊びに対して

本気度が変わってくるのです。

子どもたちに、
聞きたいことが
たくさん生まれてきます。

こんな時には
大人と子どもの立場が入れ替わり
子どもたちの方が先生です。

(さくらんぼ学園は、

大人は先生ではありません。

スタッフとしていつも対等です)

本気で遊ぶ子どもたちの姿を

見ていると

すごい集中力と
楽しむ力が

半端ありません。

「学校に行っていたら
私の好きなことはできない!!」

さくらんぼ学園に通っている
女の子の言葉です。

子どもたちの時間は
子どもたちのもの。

どんな風に1日を過ごすか?

子どもたちが、自分で考えて
自分で決めること。

すごく大切なことだと思います。

何故ならば
最終的に自分の人生に責任を持つのは
自分だからです。

 

遊びを極める人生は

何だか面白そうですね。

(スタッフ しーもん)

 

京王線の「京王堀之内」
小田急線の「唐木田」
から徒歩15分です。

八王子・多摩ニュータウンのフリースクール。

(モノレールの「多摩センター」や
「南大沢」からも徒歩30分です。)

この学校の特徴は、
子ども達が自分たちで
学校を運営する
「デモクラティクスクール」。

アメリカのサドベリースクールをモデルに
2014年に誕生した
学校です。

入学は4歳から19歳まで。
子どもにあった学校を見つけたい

こんな学校だったら

通ってみたい!

 

そんな皆さん

気軽にお問い合わせくださいね。

 

ヒマな時間を大切に

やりたいことが
よくわからない。

そんな時には
まずはヒマな時間を過ごして
見ることをお勧めしています。

 さくらんぼ学園の子どもたちも

「ああー。ヒマだ〜〜!」
「退屈だ〜〜!」

とよく言っています。

 

そんな時に
「暇つぶし」が始まります。

やがて暇つぶしに
飽きると
別な暇つぶしを探します。

そんな風に
暇つぶしを 繰り返していく中で

「私は本当は
これをやりたかっただー!」

そんなことに気づき始めます。

自分が本当にやりたいことの
芽を育てること。

これは、子どもにとって
人間にとって
一番大切なこと。

世界でたった一人の自分だからこそ
自分のタネを育てることは
人類の歴史にとって
ものすごく意味があることです。

 

今日は何やって過ごそうかなあ〜
誰にも命令も
指示もされないから
 
自分で考え始めます。
 
もちろん、何もしないで
のんびり過ごすのも
OKですよ。

京王線の「京王堀之内」
小田急線の「唐木田」
から徒歩15分です。

八王子・多摩ニュータウンのフリースクール。

(モノレールの「多摩センター」や
「南大沢」からも徒歩30分です。)

この学校の特徴は、
子ども達が自分たちで
学校を運営する
「デモクラティクスクール」。

アメリカのサドベリースクールをモデルに
2014年に誕生した
学校です。

入学は4歳から19歳まで。
子どもにあった学校を見つけたい

こんな学校だったら

通ってみたい!

 

そんな皆さん

気軽にお問い合わせくださいね。

こちらよりどうぞ

 

スタッフは 何する人ぞ?

皆さんは、子育てをしていていると
こんな風に育って欲しいなあと

思うことはありませんか?

それは、親としての
当たり前の気持ちでしょう。

ただ、それゆえに
子どもが親の期待じゃない方向に育つと

口出しをしたり、叱ったりして、
子どもの成長を
阻んでしまうこともあります。

この場合、親の中に正解があって
子どものやり方は間違いと
捉えているからではないでしょうか??

(もちろん、叱ることで

成長することもありますが・・)

 

 

スタッフをしていると

ふと、
「こんなふうにしたら良いのに・・・」
と思う瞬間が私もあります。

「ゲームばかりしないで
時には
外で遊んだら良いのに!」

「みんなでいろんなスクールに
遠足に行けたら良いのに・・・」

この気持ちが湧くこと自体は
良いも悪いもありませんが、
どうしてこの気持ちが湧くのでしょう?

それを見つめるのが
子どもを育てる上でとても大事なことでしょう。

 

すると

外で遊ぶのは良いこと。

他のスクールと子どもたち同士で
交流するのは良いこと。

そんな風に「良い」「悪い」という

私自身の価値観
色眼鏡が見えてきます。

 

価値観は、生きてきた歴史や文化の中で

生まれきたもので

それ自体には

いいも悪いもありません。

 

「何かをやらせたい」

そう思うこと自体は、大人の自由だけど
子どもに一方的に強制するのは
どんなものでしょう。

子どもにとっては、今やっていることが
一番大事なことです。

子どもにとって
今、一番大事なことを
尊重して、

手を出したり、口を挟みたい気持ちを

ちょっと抑えて

子どもの気持ちを味わってみる。

 

好きなことをしている時

お子さんは、どんな表情をしているでしょう。

 

そこをめちゃくちゃ大事にしたい。

僕たちの提案は
バイキング料理のように

「こんな料理ももあるけれど
もしも
気に入ったら食べてみて!」

そんな風にただ並べるくらいの
提案でいいのではないでしょうか。

バイキングの一品として
大人の希望の皿を並べるにとどめ

それを選ぶかどうかは
子どもに任せればいいのだと
思います。
せっかくの料理が食べられなくても

がっかりしないで!

大人のコピーが生まれるよりも

新しい個性が誕生した方が

地球規模で見た時に

面白くありませんか?

そして大事なことは

どんな活動をするかではありません。

 

子どもがどんな活動をしていても

「この子は 面白いなあ!」

そんな風に
一人一人の面白さを
見つけ出して

すごいなー
面白いなあー

素敵だなー

 

そんな風に

心の中で感嘆できる。

面白い気持ちで

子どもと一緒に居られることでは

ないでしょうか?

 

子どもを育てるとは

子どもに育てられることです。

世界に一人だけの子ども達から

刺激を受けられる喜び。

 

子どもを育てるのではなく

「子どもが育つ場」を

子どもと一緒に作ること

 

これこそが、スタッフの役割だと
思っています。

 

京王線の「京王堀之内」
小田急線の「唐木田」
から徒歩15分です。

八王子・多摩ニュータウンのフリースクール。

(モノレールの「多摩センター」や
「南大沢」からも徒歩30分です。)

この学校の特徴は、
子ども達が自分たちで
学校を運営する
「デモクラティクスクール」。

アメリカのサドベリースクールをモデルに
2014年に誕生した
学校です。

入学は4歳から19歳まで。
子どもにあった学校を見つけたい

こんな学校だったら

通ってみたい!

 

そんな皆さん

気軽にお問い合わせくださいね。

こちらよりどうぞ

 

 

好きこそ物の上手なれ

「あー!
早く調べものしたい!」
 
朝、さくらんぼ学園の
玄関をくぐるなり
Aちゃんの
弾むような声が響きました。
 
荷物を降ろしてすぐに
タブレットの電源を入れます。
 
「今日は3つのことを
調べたいんだよなー」
 

「うわあー。
朝から、すごい勉強家だねーー!!」

とスタッフのツッコミに
「えっ!勉強じゃないし」
と返します。
 
  
お気に入りのサイトを
開くと

そのあと何時間も
夢中で見ています。
   
「すげーーー!」
「を〜〜〜〜!」
  
動画をみながら
つい出てくる声は
明るく弾んでいます。
 
聞いているだけで
こちらも嬉しくなります。
 

 

 

彼女は
自分の好きなことを
どんどん追求しています。
 
好きなことを
好きなだけできるって
素敵なことだなあーと
思います。
 
すごい集中力。
知識が溜まるのも
もちろんだけど 
 
好きなことを追求する
喜びがあるって
本当にすごいことです。
 
なんのために学ぶのか?
 
子どもたちの答えは
「面白いから」
 
こうしたワクワクした気持ちを
ずっと保ったまんま
好きなことを
学び続けていくから
 
サドベリーで学んだ子どもたちは
学びのスピードが
早いのだろうなあ。
 
 
「好きこそ
 ものの上手なれ」
 
この諺って
本当だよなあーと
スタッフのしーもんは
改めて実感しています。

 

 

京王線の「京王堀之内」
小田急線の「唐木田」
から徒歩15分です。

八王子・多摩ニュータウンのフリースクール。

(モノレールの「多摩センター」や
「南大沢」からも徒歩30分です。)

この学校の特徴は、
子ども達が自分たちで
学校を運営する
「デモクラティクスクール」。

アメリカのサドベリースクールをモデルに
2014年に誕生した
学校です。

入学は4歳から19歳まで。
子どもにあった学校を見つけたい

こんな学校だったら

通ってみたい!

 

そんな皆さん

気軽にお問い合わせくださいね。

 
 

声を出せるということ

今日のスクールミーティングでは
どんな人がミーティングに
参加できるか?

そんなことを話し合いました。

さくらんぼ学園には
様々な立場の人がやってきます。

大きく分けると次の通り

① 入学を正式に認められたメンバー
② 子どもたちに、選ばれたスタッフ
③ 保護者

④見学の人
⑤体験入学の人
⑥ボランティアの人

⑦ワープを利用している人

****

話しあいのテーマは次の通り

・誰が参加できるのか?

・発言はできるか?

・議決権はあるのか?

・議題を出すことはできるのか?

 

そもそも話し合いをしようという理由は

しっかりとしたガイドラインがなくて

共通認識ができていないからという

スタッフからの提案で

話し合いが始まりました。

*******
話し合った結果は、、

ミーティングには、
その時に関わる人は誰でも参加できると
いうことになりました。

では、発言できるのは誰か?
見学の人はどうかという意見も出ましたが

色々な立場の意見を聞くと、
議論が深まって、
誰でも発言ができたほうが良いのでは
いう方向で、議論がまとまりました。

では、議決権はどうか?

これについては、
見学の人は認められない、という意見でした。

その理由は、まだこの場に
責任を持っていないからです。

体験入学の人は
一緒に過ごす仲間なので

日々の活動に対することについては
議決権があっても良いという
意見が多数でした。

もしかすると、
他のサドベリースクールでは
この点は違うのかもしれませんが

こうした「違い」があることが
学びの多様性があることが

面白いなあと思います。

ちなみに、
今日の議論で出た結論を
すぐにルール化するのではなく

もう一度、よく考えるために

今日の議論を踏まえて
再度ガイドラインをまとめることに

なりました。

子どもたちが全てを
自分で決めるデモクラティック・スクール。

スタッフの仕事は
そんな子どもの活動を

一緒に作り上げていくことです。

さくらんぼ学園では
子ども達の様々な学びのニーズに
こたえるため、

また子ども達の学び環境を
より充実させていくために、

様々な分野でのスクールサポーターを
募集しています。

子ども達が自らの学びを

自分の力で作り上げている

さくらんぼ学園。

 

私たちの理念に共感する方の

応援をお待ちしてます。

 

京王線の「京王堀之内」
小田急線の「唐木田」
から徒歩15分です。
 
八王子・多摩ニュータウンのフリースクール。
  
(モノレールの「多摩センター」や
「南大沢」からも徒歩30分です。)
     
 
この学校の特徴は、
子ども達が自分たちで
学校を運営する
「デモクラティクスクール」。
   
 
アメリカのサドベリースクールをモデルに
2014年に誕生した
学校です。
 
入学は4歳から19歳まで。
 
気軽にお問い合わせくださいね。

見学の子どもが来ています。

新学期が始まって第2週。

先週、今週と見学の方が

2家族やって来ました。

11歳の女の子は、スプラトゥーンや

動画を見るのが大好き。

 

9歳の男の子はマインクラフトや

アートが大好き。

 

ここの場が、好きなことを

自由にできるということで

自分の好きなことに安心して

取り組んでます。

 

 

いつものメンバーはというと、

張り切って「仲良く遊ぼう!」と

いう風にしません。

自然体で

何かをきっかけに

少しずつ仲良くなります。

 

さくらんぼ学園の中には

「今日は家でのんびり過ごしたい」

そういって、さくらんぼを

おやすみする子もいます。

 

そんな時には

「無理してでも おいでよ」

なんていうことは言いません。

なぜならば、

お家で過ごすのも

心地よいことだからです。

多様な学びとは、

選択肢があることですね。

自分はどこで過ごすのが

一番合っているのか

それを知っているのは

子ども自身なのです。

「また、行ってみたいなあー」

とか

「もいう行かない」

とか

自分で決めて行動することが大事ですよね。

 

*****

見学に来られた方から

よくある質問です。

「みなさんは

この近くにお住まいですか?」

 

答え

徒歩圏内のかたは一人もいません。

 

車で送迎の方もいますが

電車やバスを乗り継いで

やって来ます。

小田急線や京王線、

JR横浜線など

1時間くらいかけてくる子もいます。

 

好きなことだと

ちょっと大変でも

頑張れるんですね。

ということで、

さくらんぼ学園では

これからも

見学や体験入学を歓迎しています。

子供はもちろん

こうした多様な学び場に

興味のある

大人の方も歓迎します。

気軽にメッセージをお待ちしています。

 

 

京王線の「京王堀之内」
小田急線の「唐木田」
から徒歩15分です。
 
多摩ニュータンのフリースクール。
 
(モノレールの「多摩センター」や
「南大沢」からも徒歩30分です。)
     
 
この学校の特徴は、
子供達が自分たちで
学校を運営する
「デモクラティクスクール」。
   
 
アメリカのサドベリースクールをモデルに
2014年に誕生した
学校です。
 
入学は4歳から19歳まで。
 
気軽にお問い合わせくださいね。  

 

新学期のスタートします!

9月になりました。

さくらんぼ学園の七週間に渡る
ながーい夏休みが終わり
新学期が

9月3日よりスタートします。

  
家でのんびり過ごすのも
楽しいけれど
  
みんなで
ワイワイしたり
  
誰かと一緒に
のんびり過ごすのは
家とは違った楽しさがありますね。
  
 
呼吸するように
笑うように
踊るように
 
毎日を通して
自分を知って行く。
 
今日が楽しいから
昨日も楽しい。
 
自分を信じる気持ちがあれば
どんなことでも
きっと実現できる。

この4ヶ月。
どんなドラマが生まれるのだろう。 
 
毎日のドラマを
楽しんで生きます。
 
スタッフ
しーもん

京王線の「京王堀之内」
小田急線の「唐木田」
から徒歩15分です。
 
多摩ニュータンのフリースクール。
 
(モノレールの「多摩センター」や
「南大沢」からも徒歩30分です。)
     
 
この学校の特徴は、
子供達が自分たちで
学校を運営する
「デモクラティクスクール」。
   
 
アメリカのサドベリースクールをモデルに
2014年に誕生した
学校です。
 
入学は4歳から19歳まで。
 
気軽にお問い合わせくださいね。  

7/18 多様な学びを考える親の会を開きます。

子ども達は
好きな遊びがそれぞれ違います。
  
外で遊ぶのが好きな子。
一人で本を読むのが好きな子。
 
おしゃべりが好きな子。
作るのが好きな子。
 
好きなことをしている時、
遊んでいる時が
子どもたちは
心が一番のびのびします。
  
だからです。
 
アリを見ているのが
楽しい子に
遊具で遊ばせようと
躍起になっても
 
子どもと間にミスマッチが
起きます。
 
子どもたちって
自分が何が好きを
よくわかっています。
 
ずっとタブレットで動画を
見ている子どもがいます。 
 
ずっと、ゲームをしている子がいます。
 
もっと、人と話すことが大事かな?
もっと、外で遊んだほうがいいんじゃないのかな?
  
 
そう感じるのは
自由だし、
提案するのもアリだと思いますが、
  
 
無理に大人が
良いと思うことを
強制させてはいけないと思います。
 
子どもの頃、
親に言われて
カチンとくるのは
好きな友達のことや
趣味のことを
あれこれ言われること。
  
そう、親子でも
価値観が違うのは当たり前。
 
別の人生を生きているのです。
  
自分が好きなことに
打ち込む自由は
本来、子どもに
いえ、全ての人間に
与えられているものです。
 
遊び方が色々なように
学び方も色々。
 
みんなで
「多様な学び方」について
語り合いませんか??
 
わたしが考えていることも
一つの考え方。
 
誰か正しいとかではなくて
教育について
色々な角度から
語り合えたらと思います。

 
7月18日(水)15時〜
場所 さくらんぼ学園
 
京王線 京王堀之内駅
または
小田急線 唐木田駅より徒歩15分
 
参加を希望される方は
お気軽にメッセージを
お寄せください。
 

参加費

1家族 1000円

いただいたお金は
さくらんぼ学園の活動を充実させるために
使わせていただきます。