月別アーカイブ: 2021年6月

なぐさめの時間

ネットサーフィンをしたり、ゲームにハマったり、
漫画をずーーと読んだり、お菓子をぼりぼり食べたり
午前中ずっと寝ていたり……。

いわゆるだらだら過ごすこと。

こうした生産的でないことに
多くの時間を消費すると、

ちょっと、いや、かなり残念な気持ちになることはありませんか?

では、こうした一見不必要に思える時間は
ない方がいいのでしょうか?

私は、こうした時間があるから
人間はバランスを取れるのだと思います。

人は、つらいことやしんどいことがあっても
あのドラマの続きを見たい
あのゲームをしたい
そんなちょっとした「ささいな喜び」

何かを忘れられる瞬間があるから
大変な時をなんとかやり過ごせるのだと思います。

人にはそうした「なぐさみ」がとても大事だと思うのです。

それはあたたかい人といて嫌な気持ちが
ほぐれていくのにも似た感覚だと思います。

そんな「なぐさみ」があるから
人はリラックスして、その人の「あるがまま」に
繋がれるだと思います。

勉強をする、働く、運動をする、仲間と活動する
そうした「リア充」的な時間は素敵だけど

ちょっとサブカル的な、一見すると無駄な時間を
持てることも同じくらい大事なことだと思います。

さくらんぼ学園では
メンバーが自分の好きなことをして過ごしています。

勉強に取り組んでいる子がいる一方で
フォートナイト 、ニンジャら、スプラトゥーン 、
マイクラ、マリオカート……。
いろいろなゲームの音が部屋の中から聞こえます。

「くそ〜〜!」
「やったー!」
そんな声も聞こえます。

イヤホンをして動画の世界に没頭している人もいます。

いわゆる「普通の学校」では
「指導」が入るようなことが
自由に追求できます。

子どもがずっとゲームをしたり、
ずーーと動画を見てたりすると
親とすると「もっと違うことをしてほしい」と
思う人が多いようです。

でも、こうした時間は子どもにとって大切な時間です。

子どもは、自分がいつか大人になることを
ちゃんと知っています。

自分がどうするかを自分で考える。
自分で決める。
それがとても大事だと思うのです。

学問も大事だし
文化も大事です。

子どもたちは大人の思ったのとは
違う道を通ってそれぞれが成長していきます。

そのことを知っていることが
親や教育に携わるものは
心に留めてもいいのではないでしょうか。

そんなことを考えつつ、子どもたちとの
時間を過ごしています。

(文責 スタッフしーもん)

東京八王子・多摩ニュータウンのフリースクール。

生徒数は

高校生1名

中学生1名

小学生2名

合わせて4名の小さなフリースクールです。

京王線の「京王堀之内」
小田急線の「唐木田」
から徒歩15分です。

(多摩モノレールの「多摩センター」や
「南大沢」からも徒歩30分です。)

今通っているのは

八王子市、多摩市、町田市の

子どもたち

今までには、高尾や南大沢

神奈川県相模原市、

武蔵大和市、日野市、府中市など

広い範囲から通ってきていました。

 

この学校の特徴は、
大人が勝手に 何かを

子ども達に押し付けることはしません。

みんなが対等に
意見を出し合って全てのことを決めている

アメリカのサドベリースクールをモデルに
2014年に誕生した
学校です(デモクラティクスクール)

入学は4歳から19歳まで。
子どもにあった学校を見つけたい

こんな教育だったら

体験したい!

いいなーと思ったら

気軽にお問い合わせください