月別アーカイブ: 2020年8月

スタッフのつぶやき 〜教育の目的は、人間が大切にされること

さくらんぼ学園は夏休み真っ只中です。

こうした機会を利用して、

スタッフとして、考えていることを文字で表現しようと思います。

   

公立学校の教員時代、毎日の授業を作ることは、とても大切な仕事でした。

30人以上の子どもたちの45分間を預かる責任があります。

 

いい加減な授業はしたくないし、だから準備に手を抜きたくありません。

漫画家がいい作品を作りたい、野球選手がいいプレーを披露したいと願うのと同じように、教師もいい授業を作りたいと願って、日々研鑽しています。

(みんな同じですよね。)

 

でもここで大きな間違いが起こります。

 

教師にとっていい授業を行うことは大切なことですが、

毎日の授業や学校生活全体を通して

子どもたちが一番学ばなければいけないことは

「私は、僕は一人の人間として大切にされている」という実感です。

 

授業は万能ではありません。

学校の授業で教師が教える勉強は、学びの中のごく一部分です。

学習指導要領で足えるべきことなんて、

学びの中のほんの一部分なのに、目先の成績や進学で

多くの人が振り回されてしまうのは、とても残念なことです。

 

どんな子供でも、その子が好きなことがあります。やってみたいこともあります。

やりたいからやってみる。面白そうだからやってみる。楽しいからやってみる。疲れたから休んでみる。

飽きたからやめてみる。別なことを初めてみる。

 

学ぶことは、一つの個性と言ってもいいでしょう。

その学ぶ力を、あれやこれやと口出しをして

大切な才能を壊してしまうことが、なんと多いのでしょう、

 

ついつい良かれと思っての、評価やアドバイスは、多くの場合、

子どもをかえって、正解を外に求める子を育ててしまします。

 

一人ひとりが違うということが、教育の一番面白いところであり、

一番難しいところです。

 

一人ひとりの違いを、よくみて、それを大切に育てること。

これこそが教育の1番の役割です。

余計な手出しをしない、

そこから見えてくるものはたくさんあります。

これは、スタッフとして

さくらんぼ学園で大切にしていることの一つです。

 

文責 スタッフ しーもん

 

東京八王子・多摩ニュータウンのフリースクール。

生徒数は

高校生1名

小学生2名

合わせて3名の小さなフリースクールです。

京王線の「京王堀之内」
小田急線の「唐木田」
から徒歩15分です。

(多摩モノレールの「多摩センター」や
「南大沢」からも徒歩30分です。)

今通っているのは

八王子市、多摩市の

子どもたち

今までには、

神奈川県相模原市、

武蔵大和市、日野市、町田市、府中市など

広い範囲から通ってきていました。

 

この学校の特徴は、
大人が勝手に 何かを

子ども達に押し付けることはしません。

みんなが対等に
意見を出し合って全てのことを決めている

アメリカのサドベリースクールをモデルに
2014年に誕生した
学校です(デモクラティクスクール)

入学は4歳から19歳まで。
子どもにあった学校を見つけたい

こんな教育だったら

体験したい!

いいなーと思ったら

気軽にお問い合わせください