風船ガムの練習はいつするのか?

「ああ、今日はよく風船ガムの練習ができたなあ」
満足そうにある生徒が口にしました。

それを聞いて
スタッフの私は
なぜか嬉しくなります。

風船ガムが楽しくて
熱中した時が
確かに私にもありました。

よく考えてみると、
こうした裏文化と呼ばれるようなものは
一体、いつ、どこで覚えていくのでしょう?

学校でも生活科で
お手玉や、けん玉を体験する時間はあります。

そういう意味で
お手玉やけん玉、竹馬、こま回しなどは
王道ですが
それに比べると
風船ガムは、なんだかちょっと
日陰の存在です。

なんでだろう?
素朴さが足りないのかな?

何はともあれ
「ああ、よく風船ガムを練習したなあ」
という満足感は
子どもの心に大切な種を
播いているように思います。
ちなみに、私が
「よく〜〜したな〜!」と
思い出に残っているのは、

いっぱい雪遊びをしたなあとか
たくさん草野球したなあとか
そうした場面です。

習字の練習が面白くて
ずっと書いていたのも懐かしいです。

そこに共通しているのは
やらされているのではなく
自分で選んでやっていることです。

「ああ、よく勉強したなあ」
という満足感も

「ああ、よく風船ガムを膨らませたなあ」
という満足感も

自分で楽しさを追求して
やっている時にしか
味わえないものだと私は思います。

****

先日ラジオを聴いていて
ミュージシャンの
細野忠臣さんが言っていました。

「技術や知識は
教えることができるけれど
『楽しさ』は教えることができない。

****
ということは
楽しむことこそが
人間の1番の才能かもしれません。

何かを楽しむことが人生を
幸せに生きる根本かもしれません。

風船ガムを通して
そんなことを考えた
私の秋の1日でした。

文責
スタッフ しーもん

東京八王子・多摩ニュータウンのフリースクール。

生徒数は

高校生1名

小学生2名

合わせて3名の小さなフリースクールです。

京王線の「京王堀之内」
小田急線の「唐木田」
から徒歩15分です。

(多摩モノレールの「多摩センター」や
「南大沢」からも徒歩30分です。)

今通っているのは

八王子市、多摩市の

子どもたち

今までには、

神奈川県相模原市、

武蔵大和市、日野市、町田市、府中市など

広い範囲から通ってきていました。

 

この学校の特徴は、
大人が勝手に 何かを

子ども達に押し付けることはしません。

みんなが対等に
意見を出し合って全てのことを決めている

アメリカのサドベリースクールをモデルに
2014年に誕生した
学校です(デモクラティクスクール)

入学は4歳から19歳まで。
子どもにあった学校を見つけたい

こんな教育だったら

体験したい!

いいなーと思ったら

気軽にお問い合わせください

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です