遊び半分ということ

こんなことを言うと

デモクラティスクールのスタッフとして

どうかと思われそうですが

遊び半分な人を見ると
ムカきます。

どうしてかというと
こちらが本気で
コミットしているのに
コイツは真面目にやらないで
ちくしょうー!!

そんな風に
怒りを感じるからです。

 

でも、こんな風に怒りを

感じることは

とても自然なことだと思います。

 

何故ならば

感情には、いいも悪いもないからです。

 

怒りには私の大切な個性が

込められています。

そもそも怒りを感じるのは

真面目>遊び

という価値観が

私の中にあるからです。

 

だからこそ、

遊びに対して

もっと寛容になってもいいと思います。

もっと肩の力を
抜いてもいいのかもしれません。

相手のことは

コントロールできません。

よく考えれば
何事も
初めのきっかけは
遊び半分で始まります。

「面白そう」
「やってみたい」
「僕にも、私にも できそうだ」
真面目を求めたり、真剣さを求めると

始めるきっかけを失ってしまいます。

とりあえずは
まず手を出してみる。

自分に合うことならば
そこに工夫や情熱が
混じっていきいつしか
本気になっていたりします。

僕は、そんな本気になることが
やはり好きなのかもしれません。

遊び心や
ハンドルに遊びがある
そんな遊びは
とても大事なんだなーと
思うこの頃です。

(文責
スタッフ しーもん)

京王線の「京王堀之内」
小田急線の「唐木田」
から徒歩15分です。

東京八王子・多摩ニュータウンのフリースクール。

(多摩モノレールの「多摩センター」や
「南大沢」からも徒歩30分です。)

神奈川県・相模原市

日野市、町田市など

広い範囲から子どもたちが通っています。

不登校?発達障害?

それは誰かが決めたレッテル。

そんなものを剥がして、

自分らしく生きていこう!

この学校の特徴は、
子ども達が自分たちで
学校を運営する
「デモクラティクスクール」。

アメリカのサドベリースクールをモデルに
2014年に誕生した
学校です。

入学は4歳から19歳まで。
子どもにあった学校を見つけたい

こんな学校だったら

通ってみたい!

そんな皆さん

気軽にお問い合わせくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です