言われないことをする力

公立学校の教師時代
よく子どもを注意していました。

どんな時かと言うと

・勝手に歩き回る。

・授業と関係ないこと本を読んでいる。

・休み時間、なかなか帰ってこない。

今思うと、
こうした子どもの姿は

自分の中の大切なものを
純粋に追求している姿です。

もちろん、学校のルールはありますが、
今思うと、別な対応があったと思います。
「本当にやりたいことを追い求める力」

といえば、

私自身、自分がやりたいことを
純粋にやることを
躊躇してしまことが
度々ありあす。

「これやっていいのかな?」
「叱られないかな?」
「失敗したらどうしよう」

こんなふうに、ビビったりします。

そこで、誰かに許可を取りたくなるのです。

「やっても、いいですか?」

確かに、こうやって聞くと、
なぜか安心したりします。

もうすれば
人とぶつかることはないけれど

もしも、相手がダメだと言ったら
諦めてしまうのです。

こんなことが私は
人生を振り返ると度々ありました。
でも、本当は
自分でやる熱量が

高ければ、自分で許可を出して

どんどんやってしまいます。
担任時代に叱っていた子どもたちの
「やる気」の熱量は

学校の常識の中では
不適切でしたが
ある意味、ものすごい宝だったのです。
誰にも言われないのに
どんどんやっている人

これは、
誰かに言われてやっている人には
追いつけないエネルギーがあります。

これぞ、真の遊びの力です。

 

遊ぶように学ぶ人
遊ぶように働く人。

そんな人に
私も近づいていきたいです。

さくらんぼ学園の生徒たちも
ずっと遊んでいます。
ある意味、彼らは

私の理想をすでに生きています。

スタッフの私も
遊ぶように

働きたいと、このブログを綴りながら

改めて思います。

文責
スタッフ しーもん

京王線の「京王堀之内」
小田急線の「唐木田」
から徒歩15分です。

東京八王子・多摩ニュータウンのフリースクール。

(多摩モノレールの「多摩センター」や
「南大沢」からも徒歩30分です。)

神奈川県・相模原市

高尾や日野市、町田市など

広い範囲から通ってきた
子どもたちもいます。

 

この学校の特徴は、
大人が勝手に 何かを

子ども達に押し付けることはしません。

みんなが対等に
意見を出し合って全てのことを決めている

アメリカのサドベリースクールをモデルに
2014年に誕生した
学校です(デモクラティクスクール)

入学は4歳から19歳まで。
子どもにあった学校を見つけたい

こんな教育だったら

体験したい!

いいなーと思ったら

気軽にお問い合わせくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です