木登りできる幸せ

子どものころ、

木登りってしたことがありますか?

 

僕が少年時代を過ごした昭和40年代

すでに東京郊外には木登りができるような

素敵な木は身の回りにはありませんでした。

 

さくらんぼ学園の隣の公園に

木登りにちょうどいいような

木があります。

 

山があると人はそこに上りたくなるように

手ごろなな木があると

つい登りたくなるのが子どもかもしれません。

 IMG_2362[1] 

木登りしている子どもを見ると

なぜか懐かしいのはどうしてでしょう??

 

心の中には原風景があるのでしょうか??

 

人類は木登りをして遊んだり、

果実をとって暮らしていた頃の

DNAが私たちの中に

眠っているのでしょうか??

 

五感を使って遊んでいると

眠さはふっとんでいきます。

 

今日も子ども達は

楽しい時間を過ごしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です