学びのパレット

さくらんぼ学園で、こんな風に学びの分類を考えてみました。

日本の小学生や中学生、高校生では
学習指導要領があって

子どもたちは
国語や算数を決まった時間
学ばなければいけません。

でも、これは本当に必要なことでしょうか?

国語や算数が決められたのは、
遠い昔のことです。

今の子どもの実態に合わせて
その学校ごとに作ればいいのではないでしょうか?

watasitatigasixyuzinnkou
さくらんぼ学園で
こんな教科の実験を始めてみようと思います。

1 遊び科
個人の遊び、集団の遊び、趣味のようなこと、緩やかなことを学ぶ
(外遊び・自然遊び・トランプ・ゲーム・おしゃべり・空想など)

2 宇宙自然科
アウトドアに行うこと、宇宙の生命の不思議を感じるようなことはすべてここに入る

3 自分探求科
自分を深める活動や自分自身について考えること。
自分は何者かをみつけること
〇コーチング
〇自分の好きなことを追求する活動

4 人間界
人間として生きていくために必要な学びがここに入ります
〇学校で行われている勉強
〇コンピュータ技能

5 感情
人間の感情を見つめます
愛すること。喜び。悲しみ。怒り。恋愛。激情。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です