子どもの側に立つとは

「学校に行きたくない」

 

子どもから突然そう言われたら、

皆さんはどうしますか?

 

親だったら誰でもとても動揺しますよね。

 

そして、いろいろな考えが頭をよぎります。

 

「私の子育てが悪かったのかしら。」 

 

「学校でいじめられているのかしら」

 

 

そんな時、一番大切にして

ほしいことがあります。

 

子どもは今どんな気持ちなのか?

 

まずは想いを馳せてほしいのです。

 

 

「学校に行きたくない!」
そう口にする前に、子どもの心の中で

どれだけたくさんの葛藤があったでしょう。

 

そんな時間に思いを巡らせてほしいのです。

 

たくさんのことを

聞きたくなるのもわかりますが

その前に一言
「そっか。そんな気持ちだったんだね。

大切な気持ちを教えてくれてありがとう」

 

そんな気持ちで

子どものことを受けとめて下さい。

 

「受け止めてくれる安心感」

子どもにとっては

何よりも大切なことです。

 

 

では親の気持ちは

誰が受けとめてくれるのでしょうか?

 

 

学校の先生や、ママ友、

教育相談所、ご主人、実家の親

 

いろいろな人に囲まれていますが

いざという時に

 

気持ちを受けとめてくれる人とは

なかなか巡り合えません。

 

 

誰かに相談したい!
もしよかったら、

八王子の不登校親の会にいらしてください。

 

毎月第3火曜日午前10時から

例会を開いています。

 

今月は9月20日(火)由井市民センター

 

詳しくは↓

http://happy-child.wixsite.com/happy/blank-c13ay

 

ここは守秘義務が守られる安心安全な場です。

八王子以外の方も是非どうぞ

N745_sukusukuhimawari

必要な方に届くようにシェアしてくれたら

うれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です