子どもにあった学び場を、日本に広めていこうプロジェクト

【子どもにあった学び場を、日本に広めていこうプロジェクト】

子ども時代の一日一日は
本当に、かけがえのないものです。

学びには、
とても大事な要素が4つあります。

1 誰に学ぶか?
 
2 どこで学ぶか?
 
3 誰と学ぶか?

4 何を学ぶか?

この大切な学びの選択権が
学校では、子ども達には与えられていません。

1 誰から学ぶか?

子どもたちも親も
担任の先生を選べません。

どの先生から学べるかは
運試しです。
2 どこで学ぶか?

学校選択制はあっても
本当に学びたい場所は
選択肢の中には入っていません。

教室だけではなく
森の中、畳の上、静かなテーブル

体を動かしながら、
ドリンクを飲みながら学ぶこと

神格化した精神論を少し見直してみると
学びは楽しくなると思いませんか?

 

3 誰と学ぶか?

学校の教室は同年齢の子供ばかり。

もっと、いろいろな人と学んだら
楽しくなると思いませんか?

もちろん同年齢同士の関わりは
独特の楽しさもありますが……。

いっしょにいたくない人と一緒に
教室で、決まった机の近くで
一緒に一日中過ごすのは
大人でもものすごいストレスになります。

同質な仲間がいて、
「みんなと仲良くしましょう」よりも

異質な仲間がいて
「いろいろな人と 友達になろう!」のほうが

何か学びが大きそうだと思いませんか?

 

4 何を学ぶか?

日本の教科書はよくできていると
いわれています。

でも、一つ欠点があるとすれば
教科書を夢中で読む子供はあまりいません。

一方で、漫画やゲームは、
やめろと言っても、やる子が絶えません。

それは、なぜでしょう?

子供が何が好きで、どんなことに興味があって
どうしたらワクワクするのかを
漫画やゲームの世界で働く大人は
真剣に追及しているのです。

 

教科書は、よくできていますが、
どうしても世界が限られてしまいます。

今はネットの時代です。
教科書+ネット検索で
世界はぐんと広がります。

そして、リアルに世界の人のところに出かけ
言葉を交わす中で、感じたもの。

そんなスタイルのマナビがあってもいいと思いませんか?

そして本当に学びたいことを
納得いくまで学ぶことができない今の学校。

学びとは「子供に教えたいことを伝える」のではなく

子供が学びたいこと学ぶことなのです。

社会の姿を知っていくことです。

*****

21世紀の世の中の
キーワードは多様化です。
多様化する価値観を認め合って
生きていく力。

 

多様化するそれぞれが
互いに助け合いながら
新しいものを生み出していく

そんな現実を作っていくことが大切です。

学校では、先生たちは頑張っています。

でも、この問題は頑張るだけでは
何も解決しません。

 

むしろ、頑張ることや
原因の追及をやめて

「ではどんな未来を創っていこうか」
みんなで過去ではなく未来を向けた時に、

新しい「何か」が誕生します。

その「何か」を生み出すのは誰でしょうか?

それは、私たちの会話の中から生まれるのです。

 

watasitatigasixyuzinnkou

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です