中学まで不登校の子ども 通信制高校の選び方について、チェックしたい3つのポイント

「俺、別に高校行きたくないし…」

「みんなが行くから、私も行くか」

不登校の中学3年にとっても、

受験の時期です。
本当は、学校での勉強がぜんぜん好きではないのに、

「高校ぐらい行っておかないと…」

学校の先生や親の期待

そうしたプレッシャーに後押しされて、
本当は行きたくないのに
高校進学を選ぶ子がいます。

この時に、よくあるのが

「どこでもいいから入れる学校」
を選ぶケース。

こうした流れで、
中学時代、学校になじめなかった子が
通信制高校を選ぶことがあります。

この時に学校選びで、
気をつけておきたいポイントを
3つお伝えしますね。

***************

①その学校が、学校になじむのが苦手な子に
専門的なサポートをしているか?

…単なる居場所としてしか機能していない学校も見受けられます。
大切なのは、専門性です。

心理支援、発達支援があることは
今や通信制でもっとも求められるものです。

校長の理念、専門性に惹かれるものがあるか?

HPなどでも、チェックできますが、
ブログなどでの発信に一貫性があることも
大切なポイントです。

トップの文章での言葉。
これに響くかどうか?
大きなチェックポイントです。

**************

②ネット授業、メール対応、スカイプ対応ができているか?

…今も、通信制とうたいつつ、
・アナログのプリント教材、
・アナログの対面指導、
・アナログの通信のやり取り
こうしたケースも見られます。

いまだ、電話、郵送のみというところが少なくありません。
これも事前にチェックしてください。

***************

名称未設定 2_edited-1

③直感でどう思うか?

…どんな生徒や教職員がいるか?
これはやはり、生徒が通っている時間に実際に
子どもと一緒に行ってみるのがオススメです。

また、下校時間の通学路では、普段の生徒の様子が感じられますよ。

こうした3つのポイントを、
高校選びの視点に加えられるといいですよ。
ステキな再出発につながりますように!

 

追記

さくらんぼ学園では、

高校生の子どもも受け入れ対象です。

4歳から19歳の子どもが

自分らしく生きるお手伝いをしている

フリースクールです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です