スタッフの存在価値とは?

さくらんぼ学園は

テストも時間割も、そしてもちろん宿題もなく

子ども達が自由に過ごせるそんな学校です。

 

メンバー(子ども達)とスタッフ(大人)は

対等なヨコの関係です。

 

そんな場を守っている代表の立場として

自分の存在価値は何だろうと

考えることがよくあります。

 

皆さんもいろいろな場面で

人の上に立つことがあるでしょう。
職場の上司として、経営者として、

 

家族の中で父親として、母親として

学校の先生として、

リーダーシップを発揮する場面が

あるでしょう。

 

リーダシップを発揮するものとして

存在価値はどんな時に高まるのでしょうか?

 

メンバーにとって

 

〇この人がいるから、安心できる。

 

〇この人が見ていてくれるから安心してチャレンジできる。

 

〇この人がいると楽しい気持ちになれる。

 

〇この人がいると、いい意味で緊張する。

 

〇この人は空気のような存在だ。

 

人と人との関係は化学反応です。

 

誰もが、

相手にとって良い刺激を与える存在でありたい!

 

そう思っているでしょう。

 

ところが、気持ちがすれ違ってしまうと

感情が邪魔をしてしまいます。

 

大人の自分は頭ではわかっていても

子どもの自分が、「もうヤダ!!」と

拗ねてしまいます。

 

こんな場面では、人間関係って面倒だなあーと

多くの人が感じます。

 

では、そんな時は、

どうすればいいのか?

 

お互いに何が起きているのか?

相手は何を感じているのか?

自分は本当は何が嫌なのか?

 

これを一つ一つ話し合える場が

僕たちさくらんぼ学園の

帰りのミーティング。

 

みんなで語り合います。

 

当事者同士の腹を割った話。

 

自分は何を大切にしているのか?

相手は何を大切にしているのか?

 

本当はどうしたかったのか?

理想はどうなればいいのか?

 

時間をとって話し合う中で、

自分のこと

相手のことを理解できていきます。

 

ガマンするのでもなく

イヤミをいうのでもなく

相手に伝わる伝え方を身につけていきます。

 

そんな話し合いを

周りで聞いていることも

すごく学びになります。

 

大人にお説教されるのでもなく

仲間外れにされるのでもなく

 

「あ、そっかー!」と気づけるそんな場所。

 

僕たちのさくらんぼ学園の魅力は

自分たちで、

自分たちの学び場をよりよくしていることです。

 

僕はそれが

コミュニケーションの本当の力だと思います。

 

決まった答えがないことに対して

みんなが納得できる

深い答えを見つけていくこと。

 

それがさくらんぼ学園の

大きな魅力だとスタッフとして

私は考えています。

 

*******

5月のお茶会のお知らせ

 

5月31日(水) 10時から

さくらんぼ学園お茶会を行います。

 

今回は、子どもたちが自分たちの言葉で

この学校の魅力を語ります。

 

子ども達の本当に感じている

さくらんぼ学園の魅力。

 

みんなで学ぶことや生きることの

本質について語り合い、

考え会えたら最高です!!

参加費 一家族1000円 一口以上

(いただいた参加費は

子ども達の教育活動に使わせていただきます。)

 

名称未設定 2_edited-1 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です