そもそも学校は 何のためにあるのか 〜4月のさくらんぼ学園 

そもそも学校は

何のためにあるのか?

 

公立学校でも新学期が始まりました。

さくらんぼ学園も

4月9日に 

新しい年度がスタートします。

 

 

学校の主人公は誰なのか?

 

もちろん子ども達です。

そして、学校は

子ども達が幸せになるために存在しています。

 ↑

「幸せって何?」とツッコミを入れたい方は

まず自分で答えを考えてみてください。

 

私たちは

大人が与えたい教えではなく

子どもたちが、内発的に求めていることを

追求する学びを大切にしています。

学びの主人公は子どもです

自分を育てたい

自分を解放したい

自分で工夫したい

自分に挑戦したい

 

そんな子どもの面白がる気持ち。

熱中しているとちょっと体が熱くなる気持ち。

 

チャイムも時間割もないので、

自分で時間を自由に設定して

何かに集中したり、のんびりくつろいだり

 

自分で自分の面白いことを追求しながら

人生を切り開いていくことが

学び場だと

私たちは考えています。

(もちろんこれ以外にもあるけれど。。)

 

 

公立学校

ホーム・ベースド・エドゥケーション

私立学校

フリースクール

 

日本にも

色々な学びの選択肢があります。

 

そんな中から

・サドベリースクールって何だろう?

・デモクラティックスクールってなんだろう?

・さくらんぼ学園って

どんなところなんだろう?

 

興味ある方は

一度、気軽に見学にお越しくださいね。

 

お気軽にメッセージくださいね。

こちらをクリック

4月のさくらんぼ学園

・今年度も月・水・金の

週3回のオープン。

ゆるいペースで活動しています。

 9日(月) 11日(水) 13日(金)

16日(月) 18日(水) 20日(金)

23日(月) 25日(水) 27日(金)

※30日は昭和の日の振替休日でお休みです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です