さくらんぼ学園代表の想い

さくらんぼ学園代表の

下村健士(しもむら たけし)です。

ニックネームはしーもんです。

元小学校の教員です。

 

 

1404R9365

私は2014年6月に、学校を立ち上げました。

学校の名まえは、「多摩サドベリースクールさくらんぼ学園」です。

 

そのきっかけについて

簡単に紹介します。

私は8年間勤務していた学校に、

ある日突然通えなくなってしまいました。

 

学校のめまぐるしいペースについていけなくなったからです。

忙しすぎる毎日と、

子どもよりも学校の仕事が優先される学校現場に、

心がパンクしてしまったのです。

ちょっと珍しい、先生の不登校です。

3年間、何もしない中で心を見つめ、

自分らしい生き方を問い続けました。

 

そして出した結論が、学校を作ること。

大人の不登校を味わった私だからこそ、

学校に通わない選択をした子どもの心の内を理解し、

共感することができると思ったのです。

 

私は、日本や世界を旅して、

いろいろな学校を見学しました。

 

アメリカのサドベリーバレースクール

フィンランドの人間が大切にされる教育

日本初のデモクラティイクスクール「まっくろくろすけ」

30年の歴史を持つ東京シューレ。

およそ30校を見学して、自分の作る学校を設計してきました。

今、公立学校で自分らしさを

発揮できない子どもがたくさんいます。

もしも、一人ひとりの子どもたちが望むように

自分で時間を工面して

自分で教育をデザインできたならば、

本来持っている自分らしさ

命が輝き始めると思ったからです。

そして公立学校に通わない選択をした私の娘、

そして私の考え方に共感してくれた仲間と一緒に

学校を立ち上げました。

さくらんぼ学校の特徴は

決まったカリキュラムがないことです。

テストも宿題もありません。

なぜならば、子どもたちの時間は

子どもたちのもの。

自分で自由に使うものだからです。

子どもは本当に楽しいことや

やりたいことを、そもそも自分で知っています。

誰かに教わりたいと思えば

その時に頼めばいいのです。

何にうちこむかを決めるのは、

子どもの大切な権利です。

わからないことがあった時に、

すぐに答えを与えられるのではなく、

自分で答えを見つけていくプロセスが、

とても大切なのです。

人間は人生の目的は自分で見つけて、

自分で作っていくのです。

 

人が作ったレールの上を歩む人生もありますが、

自分でルートを切り開いて行く人生には、

自分がこの世で生きている意味と

向きあうことかもしれません。

そんな生き方をしていて

社会に通用するんですか?

 

「それはわかりません。」

 

未来は不確実なものです。

 

確実なのは「今・ここ」ということ。

 

「今日1日」をどうやって生きようか?」

 

その問いかけの連続が、

人間を成長させていくのではないでしょうか?

良い学歴を身につけて、よい会社に就職をする。

20世紀型のモデルは、今崩れようとしています。

 

21世紀に大切なのは、

自分がどんなことが大好きで

そのことに時間をかけて行くことです。

自分の好きなことに磨きをかけて、

それが人の役に立てて、生活までできたら

素敵なことですね。

 

20年前には、携帯電話会社はありませんでした。

今の一流企業も20年後どうなっているかはわかりません。

 

世界の学びに目を向けると、

学びは、知識を得ることよりも

自分で学びを追求していくことが大切です。

国が決めたカリキュラム通りに歩む方法から

自分がこれを追求したいと

自分で学びをデザインして、未来を切り嫌いていく力。

 

それこそ、

変化の急速なこれからの時代には

求められる力なのです。

日本の常識は、世界では常識ではありません。

社会の舞台で活躍するには、

日本の小中学校に通っていなくても

成功した人たちがたくさんいます。

 

大学に通っていなくても、

大学で教えている人たちがいます。

 

大学を作ってしまった人も

会社を作ってしまった人もいます。

 

本当に自分が楽しい、

夢中になれる生き方をしていれば

それは大きな価値を生み出します。

新しい時代の波に乗っていくのは、

そうした自分らしい生き方をしている人たちなのです。

世界が変わり始めています。

自分たちが所有するという生き方からは

貧富の差が生まれ、持つもの持たぬ者の格差が生まれました。

所有するために、環境が大きく破壊されました。

21世紀に求められるのは、与える人間です。

人に豊かさを与えられる人間が、

時代を切り開いていくのです。

与える人間が、

人々とともにますます豊かになっていくのです。

 

時代は今、変わっていく

僕らの願いを乗せて

 

私たちの願いを乗せて

さくらんぼ学園と共に

歩んでみませんか?

 

小さな学校だからこそできる

小回りの利いた楽しいことが

どんどん実現できますよ!

 

 

【資格】

・小学校教諭免許

・特別支援教育士(SENS)(一般財団法人 特別支援教育士資格認定協会

・教育メンタルコーチ(チームフロー卒業)

・基礎カウンセラー(日本メンタルヘルス協会)

・ホームヘルパー2級

 

・魔法の質問認定講師

・魔法の質問キッズインストラクター(一般財団法人 しつもん財団)

さくらんぼ学園代表の想い」への1件のフィードバック

  1. 鈴木政春さんから教えて頂きました。方針に全面的に賛同します。長い間、高校教師(教諭ではなく、教師でありたいと努力して来ました)として生徒たちに関わって来ました。数は少ないながらも、今尚、魂の交流とでも言って良い繋がりを持つ教え子がいます。残念ながら、私は高校教諭の免許しか持っていないので、参画できそうにありませんが、多摩地区の特別支援学校に勤務したこともあるので、下村さんの思いが大きな波動となって、子供たちの心の奥深くに根付くことを祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です