さくらんぼ学園とは…

さくらんぼ学園2014年6月

子どもとその保護者スタッフによって共同で設立された学校です。

 

モデルとなっているのは、2つの国の教育です。

 

一つは北欧フィンランドの教育。

ゆとりを大切にして、子どもの願いを出発点に

教育を子どもと先生とでプログラムしていきます。

 

競争や、学歴よりも、本当に自分が望むことをやる。

子どもたちが将来、心に「愛」と「信頼」を持った大人

なってほしいと、フィンランドでは社会全体が願っています。

もう一つはアメリカのサドベリースクールです。

サドベリースクールとは、1968年設立の

サドベリーバレースクール(アメリカ・マサチューセッツ州)と

同じ教育理念で運営されている学校のことを指します。

シュタイナー教育やモンテッソリー教育などと共に、

世界的に「子どもの自主性や創造力を尊重することに重きを置いた」

教育の一つとして注目されています。

世界7か国にあり、アメリカ・イスラエルなどでは、すでに高卒の資格の貰える学校として認可もされています。

 

さくらんぼ学園は日本で9番目に誕生したサドベリースクールです。

(まっくろくろすけ・西宮・湘南・一宮・岡崎・沖縄・東京・さいたま)

【理念】

「子どもは自ら学び育つことができる」

【学び・成長の特徴】

「人は自らの好奇心から学ぶ時、深く集中して学ぶ」という考えのもと、あらかじめ決められているカリキュラム・時間割はありません。

自分の興味からやりたいことをする中で学んでいます。クラス分けがなく、異年齢の子どもたちが共に学び合っています。

子どもたちは、日々やっていることの中から、様々なことを身につけていきます。

好きなことに時間制限なく打ち込めるので、

「持続力」「集中力」がつきます。

 

自分で時間をやりくりし、自らイニシアティブをとって、動くという学び方から、

「自分の予定を立てる力」

「工夫する力」

「想像力・創造力」

「情報を集め、役立てる力」などを

いかんなく発揮し、身につけていきます。

それは学齢期を終え、次の道に、専門の道に

進んで行こうとするときにも

基礎的な「生きる力」と「学ぶ力」として土台となっています。

watasitatigasixyuzinnkou

 

全体に関わることはミーティングを通し、

皆で話し合って決めています。

校則を作ったり学校運営にも参画しています。

もめごとは話し合って決めていきます。

こうした日々の体験を通して「コミュニケーション能力」を高め、

全体と個の関係を理解し、「自由」と「責任」の関係も身につけていきます。

自分の権利を守り尊重しつつ、

「互いの尊重」「平和的なものごとの解決」を身につけていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です