お絵かきをする時間

お絵かきって、
大きくなるにつれて
いつの間にかしなくなりますね。

小学校で担任をしていた頃は
テストが早く終わった子は

読書やお絵かきなど、
静かに過ごすルールに
なっていました。

無地の自由帳は大活躍。

図工の時間の絵も素敵だけど
落書きのように書く絵は

子どもの、のびやかな気持ちが入っていて
とても大好きでした。

今日のさくらんぼ学園
いろいろな絵をかきました。

最初は、相手が「これを書いて」と言ったものを
書きました。

次は、絵を描いて何か当てるゲームです。

そして最後は、お題を出して
それを思い出して書きました。

しーもんは、久しぶりに絵をかきました。
絵を描いている時間は
頭の使う場所が違うのか
とてもリラックスできました。

今日の一日が。
何をやるかが決まっていないこと。

いつもやることに追いかけられている
今の子どもたち。

そんな時には
退屈でたまらないような時間が
実は一番の贅沢かもしれません。

ぼけーとしたり

面白そうなことを考えて
それをすぐにやってみたり、

暇な時間こそ、人間の本当にやりたいことが
磨かれていくように私は思います。

皆さんも、こんな時間を過ごしに
さくらんぼ学園に来ませんか?

大人も子どもも歓迎いたします。

さくらんぼ学園
代表 しーもん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です