【5/31 教育お茶会 第3弾 ~さくらんぼ学園の子どもたちは語る】

さくらんぼ学園を作るにあたり

私はアメリカ・ボストンにある

サドベリースクールに研修に行きました。

 

2014年のことです。

 

そこで感じたのは、

子どもたちが自分の自由を楽しんでいること。

 

そして、人の自由も大切にしている

そんな空気感でした。

 

あの空気を自分の作るスクールでも

生み出したい。

私はあの世界を日本でも作りたいと

決心してさくらんぼ学園をスタートしました。

 

さくらんぼ学園は

どんな学校にするのか?

4つの特徴があります。

 

その1「自分で学ぶ」

その2「子どもが作る」

その3「ヨコの関係」

その4「理想を現実にする」

 

 

一つ目の特徴

「自分で学ぶ」とは、どういうことでしょうか?

 

それは、自分の学びを自分で選ぶということです。

自分が学びたいことを

徹底的に、今この瞬間に

学ぶということです。

 

「やりたいことを見つけ、

それを追求する」

 

これが生きた学びの世界です。

 

「やりたいことが見つからない時は

何もしない。

 

そしてその何もしない時間を楽しむのです。

 

ゲームやおしゃべり、遊び、

ボケーとすること。

 

そんな時間を

誰にも邪魔されずに過ごせることを

大切にしています。

 

何かをすることも

何もしないことも大切にされる。

 

 

それは「自分を生きる」ことです。

それは「今を生きる」ことです。

 

子どもの人生は子どものものです。

大人たちが、決めるのではなく

子どもたちが

自分で決めていきます。

 

自分で何とかする力。

今日を楽しく生きる力。

 

人はみんなその人にしかない

才能を持っています。

 

それを育てるのは誰か?

それは子ども自身です。

 

*******

今、さくらんぼ学園に通っている

子どもたちが、教育について語る姿を

聞いてみたくありませんか??

 

そんな会を企画しました。

 

タイトル

「未来への階段を一歩踏み出す」

 

今、自分たちが過ごしている

さくらんぼ学園での学びについて

言葉にして語ります。

image1

もちろん皆さんの質問にも答えていきます。

 

そして、この会は、話を聞くだけではなく

参加者同士が交流しながら、

自分の教育についての考えを

深めていく場にしていきます。

 

*******

 

「未来への階段を一歩踏み出す・お茶会」

 

日時 5月31日(水)10時30分~12時30分

場所 さくらんぼ学園 (八王子市別所)

(詳しい場所は、参加する方にお知らせします。)

 

スピーカー   まりも(12歳)おーしゃん(12歳)

コーディネート しーもん

 

内容

教育、生き方について

さくらんぼ学園のメンバーが語ります。

 

〇こんな人におススメ

・21世紀の教育を深く考えたい人

・子どもの可能性を信じている人

・自分自身が自分とつながって生きていきたい人

・さくらんぼ学園に関心がある人

 

【グランドルール】

相手の考え方を尊重して、

自分の考えを見つめる。

 

【持ち物】 筆記用具・お菓子・飲み物・ランチ

 

【参加費】 一家族1000円一口以上を

寄付していただけると助かります。

申し込みは、こちらより 

みんなで学びあい、

大人も子どもも同じテーブルで

学びを深めていく時間にしたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です