【多様な学びが保障される社会に向けて】

【多様な学びが保障される社会に向けて】

あの子は学校へ行っていない。
後ろ指をさされて苦しむ子どもや家族がいます。

いじめや、学校の重たい空気のために
学校に行けなくなってしまった子供を

「学校に行くのは、当たり前」
「あの家庭はおかしい」

という世間の常識が、追い打ちをかけます。
11011787_490175724467317_8436816149790398122_n

そんな不登校の子どもたちや家族にとって
救いとなるような新しい法律が

誕生しようとしています。
 

******

「多様な 教育機会確保(仮称)法」

一言でいうと、学校以外の場での
家庭や、フリースクールなどでの

学びが正式に認められるという法律です。

学校へ行くのが、嫌でたまらない子どもが
その子の個性が尊重され

自分の学びたい場所で
学べるようになる法律です。

11226544_490225027795720_4035466825225871530_n
全国に12万人いる不登校の小中学生。

家で自分らしく過ごしたり
ゆっくりと人生を考えることが
許されるようになります。

***********

では、どうしてこの法律が、
生まれるのでしょうか?

その背景にあるのは何でしょうか?

今、学校は子どもを育てる力が
急速に落ちています。

子どもを成績で縛ることはできても
一生の役に立つような知恵を学んだり

先生の人格に触れて
大きく成長したり、

そんな機会がどんどん減っています。

多様な価値観を持った家庭を前に
同じようなことを教える学校は

今や機能しなくなりつつあります。
長い間変化出来なかった
学校制度が
崩れようとしているのかもしれません。

*********

国が定めた学校教育。

国際競争の社会を生き抜くために考え出された
いろいろなカリキュラムは

一体どの子を育てるためのカリキュラム
なのだろうか?

先生たちは、誰のために教えて
誰のために成績をつけているのだろうか?

先生という仕事に「生きがい」を感じて
職業を選んだ若者たちは

知識を教えることばかりが優先される学校に対して
おかしいと感じても

学校組織の中では、
「おかしい」ということが許されません。

**********

僕は学校以外の「多様な学び」が
認められて欲しいと願っています。

その一方で
学校の中でも、「多様な学びを保障」できるように
なってほしいと、強く願っています。

11140750_490175794467310_5575227012757075541_n
僕はこの3年間
「特別支援教育」の勉強を重ねてきました。

そして、この春「特別支援教育士」という
資格を取りました。

「特別支援教育」とは、
一人ひとりにあった教育のあり方を
デザインしていく仕事です。

******

「特別支援教育」と
「多様な学びを保障する法」は

どこか似ているような気がします。

この2つの考え方が
日本の教育に浸透すると

子どもが自分で選んだことを学べる教育へと
シフトできます。

「小さな子どもたちには自分で学ぶ力はない」という
意見もよく聞かされます。

でも、まずやらせてみることが
とても大事だと思います。

子どもたちが学びの主人公になれた時に
学校は再び息を吹き返すのではないでしょうか?

********

いろいろなご縁があり、
近々、中学校へ出かけ、

子どもたちにあった学びを
デザインするお手伝いを
始められるかもしれません。

私の中の小さな一歩です。

*******

今日、衆議院議員会館には
全国から200人を超える人たちが
集まりました。
この法案は、誰かが作るのではありません。
政治はわからない。
難しいことは知らない、

もうそれでは、すまされません。

制度について、
わかろうと学び、語り、広めていくことが

今の私の役割だと感じました。

私の住む八王子でもこの法律について
学ぶ場を作っていきたいです。

一緒に学びたいと思う方。
お気軽に声をかけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です