さくらんぼ学園と 通学定期の取得について

子どもがフリースクールに通うことは

親にとって経済的な負担が

楽なことではありません。

 

公立学校は、子どもの授業料

教員の給料、学校の設備費が

税金で賄われています。

(小学生一人当たり 年間101万円)

平成26年国税庁調査より

 

一方、フリースクールでは

公費が使われているところは

まだどこにもありません。

 

授業料の他に、学区の外に通う家庭は

交通費が必要となります。

 

では、家庭の負担を減らす意味でも

フリースクールに通う子どもが

定期を取得するには

どうすれば良いのでしょうか?

 

それには、次のような

流れが必要になります。

 

1 フリースクールなど、学校外の学びを

学校長が学校出席とみなす。

 

(教育機会確保法が 法的根拠となります。)

 

2 学校サイドで実習用通学定期乗車券申込書を作成して

 交通機関に提出する。

 

3 交通機関が承認番号を出してくれる。

 

4 学校は、その番号を記載した通学証明を作成

 

5 その通学証明を生徒に渡す

 

6 生徒は通学定期売り場に証明書を持って行って定期購入

 

この記事は、府中にある

フリースクール多摩川さんのブログより

学ばせてもらいました。

 

 

フリースクールの仲間の存在はありがたいですね。

 

通学定期について、文科省からの通達は

詳しくはこちら

さくらんぼ学園は、

八王子・多摩ニュータウンの

デモクラティク スクール

 

見学や体験入学は。

お気軽に声をかけてくださいね。

 

 

生きる原動力が 育まれる時

今日のさくらんぼの様子は。。。

  

午前中は

三人でマイクラのマルチプレイ

 

午後は

レゴシティーアンダーカバーを

しながら

ずっとおしゃべりしています。

 

「これどうやるの?」

 

「ねえ ねえ 今どこ?」

「後ろにいます」

 

「そっちも、別の車両乗ってよ!」

「嫌だ!」

「じゃあ、せめて消防車に乗ってよ」

「そんなら最初から言ってよー!」

 

 

「今、何分?」

「1時59分」

「うわあー、時間経つの早いなあー!」

 

******

今教育界では

コミュニケーション能力が

大事だと言って

学校では色々な研究がされています。

さくらんぼでは、

別に研究はしていないけれど、

遊びながら

異年齢で 

いろんな会話が広がっています。

  

もしかして、人間にとって大事なのは

学ぶことよりも

遊ぶことかもしれません。 

 

皆さんは、子ども時代に

もう十分だと思うくらい

遊びましたか?

 

時間を気にしないで

遊び続けたことはありますか?

 

飽きるまで 遊んでみると

その先には何があるのでしょう。

 

よく遊んだなー

そんな満足感が

日々積み上がることは

なんて素敵なことでしょう。

 

「よく学んだなあー!」

「よく働いたなあー!」

 

そんな風に

満足した1日を

子どもも 大人も

存分に味わえたら

すごーく素敵なことだと思います。

 

 

「今日はこれをして過ごそう!」

そんなワクワクした気持ちを

毎日味わえるってすごいですね。

 

遊びは 子どもの一番の

元気の素 心の栄養です。

 

好きなことをやるエネルギーは

生きる原動力ではないでしょうか?

 

 

 

そもそも学校は 何のためにあるのか 〜4月のさくらんぼ学園 

そもそも学校は

何のためにあるのか?

 

公立学校でも新学期が始まりました。

さくらんぼ学園も

4月9日に 

新しい年度がスタートします。

 

 

学校の主人公は誰なのか?

 

もちろん子ども達です。

そして、学校は

子ども達が幸せになるために存在しています。

 ↑

「幸せって何?」とツッコミを入れたい方は

まず自分で答えを考えてみてください。

 

私たちは

大人が与えたい教えではなく

子どもたちが、内発的に求めていることを

追求する学びを大切にしています。

学びの主人公は子どもです

自分を育てたい

自分を解放したい

自分で工夫したい

自分に挑戦したい

 

そんな子どもの面白がる気持ち。

熱中しているとちょっと体が熱くなる気持ち。

 

チャイムも時間割もないので、

自分で時間を自由に設定して

何かに集中したり、のんびりくつろいだり

 

自分で自分の面白いことを追求しながら

人生を切り開いていくことが

学び場だと

私たちは考えています。

(もちろんこれ以外にもあるけれど。。)

 

 

公立学校

ホーム・ベースド・エドゥケーション

私立学校

フリースクール

 

日本にも

色々な学びの選択肢があります。

 

そんな中から

・サドベリースクールって何だろう?

・デモクラティックスクールってなんだろう?

・さくらんぼ学園って

どんなところなんだろう?

 

興味ある方は

一度、気軽に見学にお越しくださいね。

 

お気軽にメッセージくださいね。

こちらをクリック

4月のさくらんぼ学園

・今年度も月・水・金の

週3回のオープン。

ゆるいペースで活動しています。

 9日(月) 11日(水) 13日(金)

16日(月) 18日(水) 20日(金)

23日(月) 25日(水) 27日(金)

※30日は昭和の日の振替休日でお休みです。

 

3月のさくらんぼ学園

3月がやってきました。

 

寒い冬を乗り越えて春がくるのは

自然と心が喜びで待たされ

嬉しい気持ちがします。

 

日本の学校では、3月は学年末。

一年を振り返る時です。

 

さくらんぼ学園では、

年度末に成績表を渡したりは

しません。

 

なぜか?

それは、メンバーの子どもを

育てているのは

子どもたち自分自身だからです。

 

人の評価に一喜一憂して

自分の価値が上がったり下がったりするのではなく

自分で自分を振り返り、創意工夫しながら

自分自身で舵を握って進んでいくのです。

 

そんな学び方をしている さくらんぼ学園。

皆さんも一度、

見学に来てみませんか?

 

3月の開園日

・月水金の週3回オープンです。

・9時30から15時まで

開いています。

 

2日(金)  

5日(月)     7日(水)9日(金)

12日(月)  14日(水) 16日(金)

19日(月)    23日(金)

※21日(水)は祝日のため、ワープは使えません。

 

2月のさくらんぼ学園

1月は、大雪が降って

いつもの公園がそりすべりの素敵な

グランドに早変わり。

  

ソリを引いては滑り降りる。

何度も 何ども繰り返す。

 

滑る角度を変えたり、

コースを変えたり

滑りながらバランスをとったり

声を出して滑ってみたり。

 

仲間のソリを引っ張ったり、

スタートマンを務めたり、

遊びの中で、自分のアイデアを次々に出し合う

メンバーの様子。

 

人と繋がる力や発想力は

こんなリラックスした中

誕生していくものかもしれませんね。

 

2月は下のようなスケジュールです。

 

        

2日(金)

5日(月)   7日(水) 9日(金)

    14日(水) 16日(金)

19日(月)     21日(水) 23日(金)

26日(月)   28日(水)

☆ 12日(月)は振替のためお休みの予定です。

 

見学・体験入学は

随時受け付けています!

 

 

遊びの世界を 遊びきる

子どもが遊んでいる姿を見ていて

別のことをアドバイスしたくなったり

別のことをやらそうとすることはありませんか?
  

 

「もっとこうしたらいいのに」

「こんなやり方があるよ」

 

大人はたくさんの経験をしていて

そんな風に

伝えてしまいたくなることがあります。

 

でも、子どもにとって大切なのは、

「うまくやること」ではなく

 

自分がやりたいことをやって見て

そこから「直接体験を積むこと」

 

大人の「愛」の一言が

子どもにとっては、ただの「おせっかい」。

大切な学びの機会を

奪うことにもなりかねません。

大切なことは

「遊びは子どものもの」ということ。

大人だって、家事や仕事をしていて隣で

「こうすれば〜?」

「ああすれば〜?」

と言われ続けたら

嫌になってしまいますね。

僕たちだって「自分で考えて」取り組むから

楽しいです。

子どもの遊びはまさにその世界。

子どもたちの脳みそがフルに回転しています。

「何か面白いことないかな〜?」

「なにしてあそぼうか?」

「これ面白い!!」

「そうだー!!」

 

こんな言葉が

子どもの心の中で

くるくる動き回っています。

国語でも、算数でもないけれど

この中で

「人生を楽しむ力」が

養われているのではないでしょうか?

そしてそんなふうな体験を積んできた脳は

とっても活力に満ちていて

やるべきことが見えてきた時には

軽々と乗り越えていけます。

さくらんぼ学園は「自由な学び」を

大切に考えています。

子どもの発想力は

大人を凌駕していると考えているからです。

制限の中ではなく

制限を超えて

遊ぶからこそ、

その子にしか感じられない

「真実」を掴んでいくのです。

それは子どもにとって大切な宝物。

私たちはそんな「宝もの」を

見つける瞬間の

喜びのために生きているのかもしれませんね。

 

さくらんぼ学園では、

見学・体験入学を受け付けています! 

 

一緒にこの学びを広めていく

スタッフも募集中です。

 

お気軽にお問い合わせくださいね!

 

 

八王子多摩ニュータウンの

フリースクール。

多摩サドベリースクール

さくらんぼ学園。

京王線南大沢

小田急線唐木田から徒歩15分。

 

不登校は

新しい人生へのチャンスです。

 

 

 

平和とはなんだろう 〜子どもの中の自然を破壊しない

2018年

新年のさくらんぼ学園が今日からスタートです。

今年もどうぞよろしくお願いしますー!!

 

早速Nintendo Switchで遊んでいます。

 

 

皆さんは平和というと

どんなイメージをしますか??

平和を目指すと言いつつ

人によってイメージしていることが

違いますね

 

ちなみに

広辞苑で調べてみると

「安らかに和らぐこと」

「穏やかで変わりのないこと」と

あります。

 

この「変わりのないこと」というのが

私たちは

とても大切だと思います

 

 

私たち大人は、

子どもに成長して欲しいと願うあまり

すぐに変わることを 望んでいないでしょうか??

ここで忘れてはいけないことは

自然の中の生き物が、皆そうであるように

子ども達はゆっくりと

自分のペースで育っているということです。

 

この「ゆっくり」というのが

自然の持つ摂理なのかもしれません。

ちなみに自然という言葉を

辞書で調べてみると

「おのずから生成して行くもの」とあります。

 

子ども達も自然の一部だとすると

自ずと生成して行くのも頷けます。

 

そして私たちは

このことを忘れてしまいがちです。

 

子どもたちに何かを与えることに

スキルやエネルギーをつぎ込むあまり

 

この育つ力が十分に

発揮できないことが

ないでしょうか?

 

学問は人工的なものですが

子どもの育ちは、まさに自然、

 

それは生命の持つエネルギーそのものなのです。

 

子どもたちの活動を

古くからの大木がじっと見つめることは 

ある種の訓練が必要です。

 

なぜならば、

人は自分よりも劣っていると思うものには

すぐにアドバイスをしたり、

手を出そうとする習性があるからです。

 

子どもたちは自然の一部です。

自ら生成して行く力を秘めています。

 

20世紀は、環境破壊によって

地球のたくさんの自然が失われました。

 

子ども達が求めないことを

あえて教えない。

 

私たちの教育は

地球の中に残された

子どもの心の中にある

手つかずの自然を守る活動かもしれません。

 

自由な教育の向こうには

自然を信じる哲学が

あるのです。

 

 

1月のさくらんぼ学園

10日(水)12日(金)

15日(月)17日(水)19日(金)

22日(月)24日(水)26日(金)

29日(月)31日(水)

午前9時30分〜15時

 

多摩ニュータウンのフリースクール。

京王堀之内・小田急唐木田から

徒歩15分です。

 

見学、体験入学募集中です。

お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

さくらんぼ学園の一年

今から3年前

2014年6月にホームスクーリングから

スタートした「さくらんぼ学園」。

 

今では、4人の子どもが通っています。

 

活動拠点を貸してくれる

素敵なオーナーに恵まれて

今年は週3回のペースでオープンできました。

 

2017年の全活動日は134日。

(ちなみに公立小学校は

年200日が標準です。

65パーセントの開催ですね。)

 

活動日は、もう少しだけ、増やして

来年は150日を目指しています。

 

八王子だけではなく、

全国各地でも開催できたらと思っています。

 

【こんなことを考えています】

①子どもの育つ力を見守れる新スタッフと出会いたい。

 

②こんなボランティアさんを募集

 ・安室奈美恵さんが大好き

 ・サッカーが大好きで選手にも詳しい

 ・マインクラフトが好き

 ・昭和のレトロ人形に興味がある

 

③ワンボックスカーが手に入る。

 

④使っていないアイパッドを譲ってもらえる。

 

⑤ 歴史や化学の漫画を郵送してくれる。

 

⑥ワードプレスを使ってホームページをリニューアルできる。

 

⑦デモクラティックスクールに通う学費補助をする財団を設立する。

 

 

勝手なことを書きましたが

協力してくれる人がいたら

めっちゃ嬉しいです♡

今後の予定

2017年12月は

12月18日(月)が最終日です。

 

2018年は

1月10日(水)よりスタート。

月・水・金のオープンとなります。

 

さくらんぼ学園では

ただいま新規メンバーや見学者を募集しています。

お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

初めての宿泊体験 その1

 

11月13日(月)から16日(木)まで、

岩手県八幡平まで

さくらんぼ学園のメンバーで

出かけてきました。

初の長距離ドライブ旅行。

総走行距離1600キロ!!

11月の八幡平はもう冬の装い。

IMG_4162

こたつに入って

みかんを食べながら

おしゃべりする。

同じ空間で自由な時間を過ごす。

誰からも、指図はされず、

のんびりとした時間を過ごす。

子ども時代こそ

こんなのどかな時間が大切なのではないでしょうか??

頑張って学ぶこともあるけれど

くつろぎながら

学べることもある。

こんなくつろぎの中で

自然を感じ、四季を感じ

仲間を感じ、自分を感じる。

岩手旅行のレポート

これからもちょくちょくとお届けしますね。

 

さくらんぼ学園では

見学・体験入学を随時受け付けています。

 

気軽にメッセージくださいね。

 

 

手作りの温もり

さくらんぼ学園には

最近色々な方が訪問しています。

  

先日は、竹細工の得意な素敵な女性

レナさんを

ゲストティーチャに招きました。

   

夏休み前に、切り出して来た竹を使って

食器を作りました。

  

 

ぽかぽかとした日向で

ギコギコと鋸を引いていると

とってものどかな気持ちになります。

 

ひと昔、ふた昔前は、

家の近所で、トンチンカンチン

職人や大工さんが腕をふるう姿が

街角でよく見られたものです。

 IMG_3998

今は、大工さんの姿は消え

技術者ばかりですね。

 

そんな中だからこそ、

こんな風にノコギリをギコギコ引いて

ナタでカンカンと音を立てていると

  

とても懐かしい気持ちになって来ます。

 IMG_4005

あれれ?

サドベリーは教えない教育ではと

思った方はいませんか? 

 

ミーティングで楽しそうなことを

大人から提案して、

可決されれば、

実行することができるのです。

 

この場合、あくまでも大人の権限は

1票と平等なのです。

 

そして、参加するのも、

参加しないのも自由です。

 

自分が面白そうと思えば参加するし、

そうでなければ参加はしません。

 

 

全員が同じことを

しなくてはいけないのではなく

 

個人個人で選べるのです。

  

竹という材料

ノコギリ、ナタといった道具。

 

こんな風に出会うきっかけを作ること。

小さなさくらんぼ学園だからできること。

 

IMG_4009

*******

さくらんぼ学園では

見学や体験入学を随時募集しています。

 

いいなーと思った方は

気軽にメッセージくださいね。